米原と渡辺直樹

内臓脂肪過多の肥満が確認された上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分摂取などが関係している「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2~3項目に合致するような様子を、内臓脂肪症候群と称しています。
高血圧(hypertension)の状態が長期間継続すると、体中の血管に強い負荷がかかった結果、身体中至る所の色々な血管に障害が生じて、合併症になってしまう可能性が高まります。
日々繰り返される規則正しい暮らしの継続、腹八分目の実行、適切な運動や体操等、古臭いとも思える健康についての考え方がお肌の老化防止にも関係しているといえます。
肝臓を健やかな状態に保持するためには、肝臓の毒素を無毒化する力が低くならないようにすること、要は、肝臓を老けさせない対策をおこなうことが効果的だと考えられます。
ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、手先や足先が麻痺したり脚の浮腫などが中心で、発症から時間が経ってしまうと、あろうことか呼吸困難に至る心不全を併発することがあります。
HIV、すなわちエイズウイルスを持つ血液、精液をはじめ、女性の母乳、腟分泌液等のあらゆる体液が、乳飲み子や交渉相手などの粘膜部分や傷口に触れることで、HIV感染の危険性が大きくなるのです。
30才代で更年期になったら、医学的な言葉で表すと「早期閉経(premature menopause)」という女性疾患のことを指します(この国においては40歳以下の比較的若い女の人が閉経してしまう状態を「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と定義付けています)。
アルコール、薬、増粘剤を始めとした食品添加物などの物質を酵素により分解して無毒化する機能の事を解毒(げどく)と称しており、多機能な肝臓の担う非常に重要な機能の一つであることは間違いありません。
子供の耳管の構造は、大人と比較して太い上に短めで、加えて水平に近いため、バイ菌が入りやすくなっているのです。乳幼児がよく急性中耳炎になるのは、この事が関係しています。
めまいは起こらないのに、辛い耳鳴りと低音域の難聴だけを幾度も繰り返すケースを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエール氏病(Cochlear Meniere's Disease)」と呼ぶような事がままあります。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は皮脂の分泌異常により生じる湿疹で、分泌が異常をきたす要因としてはアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンの均衡の乱れやナイアシンなどビタミンB複合体の慢性的な欠乏などが挙げられます。
脂溶性であるV.D.は、カルシウムが人体に吸収されるのを助長する特徴が特に有名で、血液の中のカルシウム濃度を微調整し、筋肉の動き方を適切に操作したり、骨を作ったりします。
世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、有害なUV-A波の著しい浴び過ぎがお肌に健康障害を引き起こす可能性が高いとして、18歳以下の男女が肌を黒くする日サロを利用する活動の禁止を各国に勧めています。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在する血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が壊れてしまうことにより、あろうことか膵臓から必要量のインスリンが分泌されなくなることによって発症するという糖尿病なのです。
ポケモン ユーチューブ
体を動かすのに必要なエネルギー源としてすぐに働く糖、細胞の新陳代謝に欠かせないタンパク質など、度の過ぎたダイエットではこういった活動を維持するために絶対に要る栄養成分までもを減少させてしまっている。